自動更新が基本

カードローンの契約期間は基本的には自動更新が行われる事を前提にしています。これが、更新にいちいち難しい手続きをしているような場合には、更新したくなくなってしまう方もでてきてしまうため、銀行やローン会社などの立場から考えた時に、長く継続的に使ってくれる人材をみすみす捨ててしまう事にも繋がります。安定した利息収入が見込める為に、カードローンの契約期間は自動更新が基本になっているのです。

カードローンの契約期間は、大元の金融機関にもよるのですが、一般的な銀行の場合には1年間、消費者金融系だと5年間というところが多い傾向にあります。よく間違われている方も多いのですが、この更新期間内に利用している完済をする必要はありません。なぜなら、契約期間は、これまでの利用状態などに特筆して問題がなければ自動延長されていくからです。

基本的にカードローンでは契約期間はそこまで重要ではありません。もしローンの期間内で利用している金額を全て返さなければいけないという場合には、カード会社もみすみす売り上げを逃してしまう事になるのです。その為、自分の収入で無理のない程度でしたら長期に亘るローンも組む事ができますので、無理のない金額で利用してください。