自動更新が基本

カードローンの契約期間は基本的には自動更新が行われる事を前提にしています。これが、更新にいちいち難しい手続きをしているような場合には、更新したくなくなってしまう方もでてきてしまうため、銀行やローン会社などの立場から考えた時に、長く継続的に使ってくれる人材をみすみす捨ててしまう事にも繋がります。安定した利息収入が見込める為に、カードローンの契約期間は自動更新が基本になっているのです。

カードローンの契約期間は、大元の金融機関にもよるのですが、一般的な銀行の場合には1年間、消費者金融系だと5年間というところが多い傾向にあります。よく間違われている方も多いのですが、この更新期間内に利用している完済をする必要はありません。なぜなら、契約期間は、これまでの利用状態などに特筆して問題がなければ自動延長されていくからです。

基本的にカードローンでは契約期間はそこまで重要ではありません。もしローンの期間内で利用している金額を全て返さなければいけないという場合には、カード会社もみすみす売り上げを逃してしまう事になるのです。その為、自分の収入で無理のない程度でしたら長期に亘るローンも組む事ができますので、無理のない金額で利用してください。

もしも返せなかったら

リストラや倒産、交通事故などカードを使って買い物をしていた時では想像しないような事が起こってしまう事もあり、誰もが必ずカードローンを返済できるというわけではありません。その為、もしカードローンが返済できなくなったらどうなってしまうのかを事前に把握しておく事はとても重要になります。

カードローンが返済できなくなった時に最も怖いのがヤクザの取り立てです。良く映画やドラマにあるような家まで押しかけて怒鳴ったりわめいたりするような取り立てですが、一般的なカードローンでしたらそのような心配はありません。

基本的に取り立てにはルールがあり、午後9時から翌朝午前8時までの時間帯に債務者等に電話やファックスをしたり債務者等の居宅を訪問することや正当な理由もなく、債務者の勤務先に連絡すること、債務者の借り入れや私生活に関する事実を他人に知らせる行為は禁止されておりますので無理な取り立てはありませんので安心して下さい。しかし、カードローンの借金が返済できなくなったということは、自分の使い方や将来設計に甘さがあった事は間違いありません。このような事がないように、しっかりと返済計画は余裕を持って計画するように心がけてください。

カードローンの期限

カードローンには有効期限があります。最近では年会費や更新代が無料なカードローンが殆どですので気にされた事がない方もいらっしゃると思いますが、カードローンには有効期限を忘れていて昔のカードで買い物を続ける事はできません。更新になると事前に新しいカードが届けられ、そちらを利用するようになります。インターネット上で商品を購入する楽天やamazonなどに登録しているカードの場合には、新しいカードの番号を入力しなければいけません。

しかし、カードローンの場合には原則自動更新にはなっていますが、更新したくなければ退会する事もできます。また、誰でも必ずカードを更新できるというわけではなくて、それは必ず更新されるという意味ではありません。更新の際にはカード会社は過去の利用履歴などチェックしておりその内容によっては自動では更新されなかったり、解約になってしまいます。この解約の理由で最も大きいのは、返済が滞ってしまったなどの事故記録がある事です。カードローンにおいてきちんと期日に返せないという事は致命的な問題になります。更新までに一度でも遅延がある場合には、更新が見送られる可能性がありますので覚えておいてください。

他にも何気なく利用しているカードローンの場合には、他にも知っておいて欲しい事が沢山あります。そこでこちらのページでは、カードローンの契約期間についての情報やもし返済できないとどうなるかなどの情報を合わせてご紹介させて頂きますので、しっかりチェックしてください。