もしも返せなかったら

リストラや倒産、交通事故などカードを使って買い物をしていた時では想像しないような事が起こってしまう事もあり、誰もが必ずカードローンを返済できるというわけではありません。その為、もしカードローンが返済できなくなったらどうなってしまうのかを事前に把握しておく事はとても重要になります。

カードローンが返済できなくなった時に最も怖いのがヤクザの取り立てです。良く映画やドラマにあるような家まで押しかけて怒鳴ったりわめいたりするような取り立てですが、一般的なカードローンでしたらそのような心配はありません。

基本的に取り立てにはルールがあり、午後9時から翌朝午前8時までの時間帯に債務者等に電話やファックスをしたり債務者等の居宅を訪問することや正当な理由もなく、債務者の勤務先に連絡すること、債務者の借り入れや私生活に関する事実を他人に知らせる行為は禁止されておりますので無理な取り立てはありませんので安心して下さい。しかし、カードローンの借金が返済できなくなったということは、自分の使い方や将来設計に甘さがあった事は間違いありません。このような事がないように、しっかりと返済計画は余裕を持って計画するように心がけてください。